2008年10月10日

子供に…

2008年10月10日(金)の言戯「イヤ!」を拝見しました。

この前結婚したと思ったら、子供ができておめでとうなんて言っていたはずなのに、もう子供は歩いて、言葉を覚えて…時の経つのは早いですね。そして今は、とても楽しい時期なんでしょうねぇ。

その子供さんが「嫌」と言葉で拒否することを覚えたと言うことなのですが、作者である寿さんと相方さんが育てる子供なら、「嫌」とか「ダメ」と言う否定的な言葉のない世界に挑戦してみてほしかったなぁなんて思ってしまいました。
そうするべきだと言う「モンク」ではなく、寿さんと相方さんのほのぼのした雰囲気なら、そんな風に子供も育てられるのかなぁという1つのメルヒェンと言うことでしょうか…そんな風に育てられたら良いだろうなぁってね。

でも、もしそれができたとして、それが本当に子供の為になるのかどうか、それは怪しいものですが、でも、否定をする言葉って、最後の最後にどうしても勝手に覚えてしまったと言うのでいいんじゃないかなぁと思ってみたり、いや、子供だからこそ最初に拒否をすることを覚えなければならないのかなぁと思ってみたり…

そう言えば、もう何十年も前のことで、どなただったかも忘れたのですが、1970年代初頭までに活躍したテレビタレント(歌手だったかも)が、山奥に家を建てて、自分の子供(男女1人ずつ)は文字通り裸で野山を駆け回る生活をしているってテレビで紹介されていたのを覚えているのです。それも子供は小学生位だったような…どこまでが正しい記憶なのか全く自信はないのですがね。

その子供たちはとっくに中年になっている訳ですが、もし、私が記憶している通りの生活をしていたとしたら、その生活は彼(女)らにどのような影響を与えたのでしょう。親としては「自然に親しむ」と言う意味合いでそのような生活をしていたと記憶しているのですが…興味のあるところではあります。

それにしてもこのページ、前の更新が2年半前…良く放置していたものです。



posted by lunatic at 22:54| Comment(22) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

セクハラ

ヒビアン経由で「子供できたか」と言うのがセクハラになると知りました。

というか、私の周りでは女性が男性(私)に言うことが多い言葉で、「もう本当に勘弁してくれ、この無神経女!」と私が思う数少ない言葉です。1人や2人なら我慢もしますが、公私を問わず、かなり多くの女性がこの言葉を私に無神経に投げつけます。言いやすいと思われるタイプらしいですが、それでも人として神経は通って居るんですよね。「それは無神経な言葉だよ」と諭しても「だって本当の事じゃない」と言う言葉が返ってくるだけで、誰一人謝ってきた人は居ませんよ。

そう言う女性の中には「女性はか弱いから守られて当然だけど、男は無神経だから何を言っても平気」という気持ちがあるように感じられます。というのは、その手の女性は本当無神経に、無邪気に「ハゲ」「デブ」「オヤジ」という言葉を口にするんですよね。だけど、逆に自分の身体的要素をからかわれると、今まで自分が言ってきた言葉はなんなの?と思うくらい真剣に「セクハラよ」と怒る事が多いのです。

「ハゲ」「デブ」「オヤジ」…どの言葉にしても、常識のある人なら本人の前で言うべき事じゃないと言うことは判るでしょう。しかし、先の理屈で女性は男性に対しては思ったことを無神経に垂れ流しても良いと思うのでしょうね。

セクハラって女性の武器のように扱われています。何をしたらセクハラなのかと言う問いに対して、セクハラは個人差がある。それはA子さんとB美さんと言う、行為を受けた女性の感じ方でも変わるし、C男さんとD太郎さんという行為をした人の好き嫌いにも影響されます。同じ事をしても受けた側が行為をした側の人を好きか嫌いかでセクハラになるかどうか結果が違うなんて、そんなことを規則にしようと言うのは「ばかげた愚かな行為」という以外何物でもないと私は思います。しかし、世間ではそれがとても重要な事のようにもてはやされているというのは、それだけ困っている女性が多いと言うことなのでしょう。しかし先に示したように無神経な言葉を投げつける女性も多いのが実情です。どうか、せめてこれを読んだ人は、セクハラは女性の武器ではなく、男女ともに考えていかなければならない、どちらもが被害者になりうる問題である事を意識して欲しいと思う次第です。
posted by lunatic at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

キスをする時メガネは…

テレビ朝日「ロンドンハーツ」で、「キスをする時は眼鏡を外すのが常識」「眼鏡をしたままでは眼鏡が相手に当たる」と言っています。

でも、そうなんですか? キスから最後の目的までを期待できるなら、その一連の行為で眼鏡が邪魔になると言うなら判りますけれど、キスで眼鏡が邪魔になったことはないなぁ。そのキスが軽く挨拶程度のものだろうと、濃厚なものだろうと、眼鏡を邪魔にしたことがない…って「濃厚な」の定義が私の場合甘いんでしょうか? でも、開き直って言えば、眼鏡が当たるって言うのは、キスする時に歯ががちんと当たると言うのと一緒のように思いますが、果たしてどうなんでしょう。

posted by lunatic at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

タバコについて

最近、私が拝見している日記で「禁煙」の話を良く目にします。
拝見したブログ(敬称略)

大きな声では言えないけれど「喫煙
しなやかな猫「 煙草をやめて気付いたこと
汝が語るは汝が真実「喫煙者は雇いません

私の喫煙、嫌煙などに関する意見は何度もここに書いてきていますので、目次ページで「禁煙」などをキーワードに検索すればそれらを見つけることが出来るでしょう。
まぁ、折角書いているのでここにも書きますけれど、最初に結論から書けば、私は基本的にタバコは禁止されるべき嗜好品だと思います。しかし、今現在、嗜好品として認められているのですから、喫煙者の権利は最大限認められ、尊重されるべきです。
そう思うからこそ、これ以降はちょっと喫煙者よりの意見になっているかもしれません。
多分、禁煙賛成派の方々とは目指す頂上は同じでも、かなりアプローチが違うと思います…

そう言う結論であることを念頭に以下お読みいただければ幸いです。

続きを読む
posted by lunatic at 19:17| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

引越し

少なくとも「庭」カテゴリの写真ブログを「fc2」へ引っ越します。
とりあえず、今日の分からそちらにアップしていますので、ご笑覧いただければ幸いです。

http://loony.blog12.fc2.com/
posted by lunatic at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。