2005年12月02日

タバコについて

最近、私が拝見している日記で「禁煙」の話を良く目にします。
拝見したブログ(敬称略)

大きな声では言えないけれど「喫煙
しなやかな猫「 煙草をやめて気付いたこと
汝が語るは汝が真実「喫煙者は雇いません

私の喫煙、嫌煙などに関する意見は何度もここに書いてきていますので、目次ページで「禁煙」などをキーワードに検索すればそれらを見つけることが出来るでしょう。
まぁ、折角書いているのでここにも書きますけれど、最初に結論から書けば、私は基本的にタバコは禁止されるべき嗜好品だと思います。しかし、今現在、嗜好品として認められているのですから、喫煙者の権利は最大限認められ、尊重されるべきです。
そう思うからこそ、これ以降はちょっと喫煙者よりの意見になっているかもしれません。
多分、禁煙賛成派の方々とは目指す頂上は同じでも、かなりアプローチが違うと思います…

そう言う結論であることを念頭に以下お読みいただければ幸いです。

私自身はに5年間の禁煙をして、挫折して暫くタバコを吸って、またタバコをやめました。タバコを吸っていた時はハイライトを一日4箱(80本)または缶ピース、または手巻きタバコを吸っていました。ただでさえ本数が多いのに、日本で一番売れていると言われている(た?)マイルドセブン数本分のニコチンタールを含んでいて、更に缶ピースや手巻きタバコはフィルタすらついていないタバコでしたからマイルドセブンに換算したら一日200本前後のタバコを吸っている勘定だったかもしれません。タバコをやめるきっかけは、最初の禁煙は単にタバコがおいしくない精神安定剤となったからで、おいしいと感じるならやめるつもりはなかったのですが、おいしくないならやめるのがつらくても無駄はやめようと思ったからで、二度目の禁煙は、スイスに住む友人が帰国し、その人からタバコをやめたらクリスマスにケーキを送ってあげようと言う賭けみたいなことをしてしまったからなんですね。実際には、今の家を購入し、それまでに会社の壁が脂で真っ黄色になるのを見ていたので家の中では吸わないと決めていて、仕事部屋にした部屋と、喫煙場所と決めた庭が正反対の位置にあってタバコを吸いに行くのが面倒と感じ自然にやめてしまったと言う感じです。

タバコはやめました。やめた直後までは人様の吸った煙がとても良い匂いだったのに、数ヶ月ではじめから吸わない人と同じにタバコの匂いがきつくて嫌な匂いに感じます。でも、最初から吸わない人と明らかに違うのは、タバコを吸う人の気持ちも分かると言うことです。いや、誤解の無いように書きますが、タバコを吸ったことのない人の中にも当然ながら、タバコに対して理解を示してくれる人も居ます。バイクに乗る人全てが暴走族ではないのに、ごく少数の、バイクに乗る人全体の数から見たら微々たる数でしかないであろう暴走族の行為を見て「全てのバイク乗りが暴走族だ」と思う事と同じで、「タバコを吸う人全てがマナーを知らない人」「タバコを毛嫌いする全ての人が過激派」的な偏見は明らかに間違えています。それは重々理解しています。ただ、そうは思っているけれど、でも私には言葉は悪いですが「嫌煙を訴える人の神経質的ヒステリー」を強く感じることがあります。
自分が実際に経験したことで言えば、いつも出社前に近くのお店でコーヒーを飲んで一服していたのですが、タバコを吸うので出来るだけ風下に行くよう気遣いはしていました。が、その日は風下の席が埋まっていたのです。暫くして、その席が空いたのでそこに移動しようとしたら一人の男性が走ってきてその席を奪い取るように占有しました。始発列車になだれ込んで座る席を確保するみたいな必死の形相でこちらを睨みながらそこに駆け込んだんですよ。仕方ないので私は元の席に戻ってタバコを吸い始めたのですが、タバコの煙は当然その人の所に行きます。そうしたらもの凄い形相でこちらを睨んで居るんですよ。「タバコを吸っても良いですか?」と声を掛けるような距離でもなかったですし、その時のお店はがらがらで席はどこにでも自由に取れます。私はそこでなぜ睨まれなければならないのでしょう? とても不思議でした。
またある時、ある喫茶店でタバコを吸っていたら、隣に案内された女性から「私はタバコを吸わないから吸うのをやめて」と言われたこともあります。すぐに店の人を呼んで「この人の席を違うところに移してあげてください」とお願いしたのは言うまでもありません。そうしたら「席が満杯でここしか空いていないのです」と説明をされました。皆さんは私がここでどうするべきだと思うでしょうか。私は、もし自分が後から来たならタバコを吸っても良いか聞きます。でも、後から来た人にやめろとは言われたくありませんでした。ですから「あなたがタバコを嫌いなら、タバコを吸わない人の近くに席が空くのを待つか、ここで文句を言わずに我慢するか、お店を変えるかしてください」と言いました。間違っているのでしょうか。その女性には「タバコを吸う方がおかしいのよ」とすごい剣幕で言われました。私は飯屋ではタバコは吸いません。そこはご飯を食べるところでタバコを吸うのは明らかに礼儀に反するところです。でも、喫茶店はくつろぐ所でタバコは吸って良いところと思っています(店が喫煙を許しているなら)。タバコを吸って良いと言うお店でタバコを吸わない人が苦情を言うのは明らかにおかしいですね。我慢するか出て行くかどちらかです。自分の権利だけを主張するのではなく、相手の権利をも尊重するべきであると私は考えます。

私は、今の「どこでも禁煙」というのは重大な権利の侵害だと思っています。タバコを吸わない人は大手を振って「嫌煙」と叫びます。でも、タバコは政府が認めた嗜好品なのです。タバコの害についてはあれこれ言われています。今までにも何度か訴訟があって、そのたびにJTは「タバコとの因果関係は証明されていない」と言って逃げてきました。しかし、まだその話は残念ながらまかり通るのです。列車を禁煙にして、飛行機も禁煙にして、駅の構内も禁煙、会社も道路も禁煙とされたら、喫煙者はどこでタバコを吸えば良いのでしょうか。もし、タバコを吸うことが害であって吸うべきではないとするならば、タバコを大麻などと同じ麻薬に指定するべきです。タバコには習慣性があるとか言う話があります。確かに私も最初にタバコをやめる時はとても大変な思いをしました。でも、健康に害を与えるものなら強制をしてでも政府が主導でやめさせるべきでしょう。なぜそうしないのでしょうか。

タバコを吸わない人には、タバコを吸う事なんて無駄で、悪い事で、どうしようもない事と思うでしょう。でも、それをしない人には理解できないことなんていっぱいあります。いんたあねっとだってそれをしない人には「エンコウとかしているの?」とか「事件に巻き込まれるような事を良くやっているね」なんて好奇の目で見られたりするんですからね。自分が経験したことのないことを、知識だけで否定するというのは絶対にやってはいけないことだと意識するべきだと思います。間違えないでくださいね「タバコを吸ったことのない人は、タバコが嫌い、吸って欲しくないと言うな」と言っているのではないですよ。単にタバコを吸ったこともないのに「タバコには百害あって一利なし」などと言うなと言うことです。その「一利」は好んで喫煙している人にはあるのですからね。そう言う愚かな発言はケンカを誘発するだけでしかないでしょう。

ついタバコを吸う人を擁護するようなことを書きましたが、単にタバコを吸う人の権利は尊重されなければならないと言うことであって、最終的にはタバコは国内で喫煙を禁止にしてしまうべきだと私は思っています。「健康に害のあるものを政府が率先して売っていた」そう言われることが怖くて、タバコの販売禁止に至れないのではないかと思っています。今の「タバコに害がある」と認めていながら販売を認めて、吸う場所を規制しているっていうのは、如何にも日本的な、嫌な問題は後回し、国民がどうなろうと知った事じゃないと言う政府のやり方を象徴していると思いませんか。

それと、私は「嫌煙権」より「嫌酒権」を主張したいんですよ。
タバコを吸っていて周囲の人に与える害は、不確定な不健康と匂いですね。タバコを吸っていても寿命を全うする人も、吸わないのに癌になる人も居る訳ですし、そのタバコ一本の副流煙を吸ったことでどれだけの寿命を縮めるのかは個人差があるので数値化できないでしょう。だからこそ残念ながら不確定なんですね。ところが、酒という悪魔は適度に嗜めば心地よさを与えてくれるだけですが、かなりの人が深酒をしてあちこちで酒臭さをばらまいて、くだを巻き、更には暴力や痴漢行為をして、挙げ句の果ては飲酒運転で事故を引き起こしたりするんですよ。こちらの方が目に見えて害があると私は思います。本来酒を飲んでどうするかなんて言うのはいい大人なんだから自分の責任でやるべき事です。しかし、この泥酔する阿呆どもはその自己責任さえ放棄するというか全うできないじゃないですか。アメリカでは禁酒法が出来た時は闇酒が出回ったそうですね。人は酒をこそやめられないんですよ。ビールなどは本当に簡単に家ででも出来るものですから酒を禁止にすることは難しいでしょう。だからこそ、私は酒やタバコには200%…いや1000%位税金を掛けてやればいいと思いますよ。タバコ1箱2500円、酒1合2000円、ビール1缶3500円。こんな値段で販売してくれたら良いんじゃないですかね。で、闇酒、闇タバコは捕まったら懲役10年とかね。

兎に角タバコであれ酒であれ、楽しく嗜むのが良いと思います。その為には嗜む側も、その周囲の側もお互いを理解して、譲り合う事が日本人としての美徳なんじゃないですかね。私はそんな風に感じます。
はぁ…長文でしたね。おつきあいありがとうございました。



冒頭にリンクさせていただいた日記にトラックバックをさせていただこうと思っていつものエンピツではなくこちらに書いたのですが、なぜかトラックバックをし忘れていました。改めてトラックバックさせていただきます。(2005/12/04)

posted by lunatic at 19:17| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。解析を辿って来ました。
嫌酒権、賛成!
思えば今まで、酔っ払いにどれほど迷惑をかけられたことか・・。大抵そういう酔っ払いは自分のしでかしたことを憶えていないのが常です。だから反省はしない。もぅ、、質が悪いです。
Posted by runamin at 2005年12月03日 20:22
追記
lunaticさん、先日漢字のエントリでコメントを頂いておりました。はじめましてではありませんでしたね。失礼しました。^_^;
Posted by runamin at 2005年12月03日 20:29
runaminさん>
コメントありがとうございます。
そういえば、トラックバックをしようと思って、わざわざこちらに書いたのに、トラックバックし忘れていた事に気付きました。遅ればせながら、後でトラックバックさせていただきます。

タバコも迷惑ですが、私には本当それより酒飲みの狼藉が腹立たしいです。なんとか嫌酒権を盛り上げたいものです。

Posted by lunatic at 2005年12月04日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

煙草をやめて気付いたこと
Excerpt: 「喫煙」大きな声では言えないけれど リンク先を読んでいて、私は煙草をやめてから何年経つだろうと数えたら丸5年だった。 煙草をやめて気付いたことは、自分が煙草によって返って
Weblog: しなやかな猫
Tracked: 2005-12-04 13:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。