2005年06月01日

引越し

少なくとも「庭」カテゴリの写真ブログを「fc2」へ引っ越します。
とりあえず、今日の分からそちらにアップしていますので、ご笑覧いただければ幸いです。

http://loony.blog12.fc2.com/
posted by lunatic at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

リー・リトナー

5月25日 雑記「ショック!!!再び」の続き

こういうの載せるのはまずいかなぁ・・・
リトナー

28年前のリー・リトナー。ギターのうまい好青年でした。(JVC 「My Dear Life」渡辺貞夫 から)
posted by lunatic at 21:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

素朴な疑問…トラックバックの事

いわゆる「ブログ」っていう物は、HTMLなどがまったく判らない人でも、気軽にデザインを選んでページを作り、マスを埋めるように記事を書いてアップできるという手軽さが受けているという事らしいですが、それに加えて「トラックバック」という機能が追加されたことも大きいのかなと思います。
今まで、誰かが書いた興味のある、自分が書いた記事と関連する記事については、自分のページで相手をリンクして紹介することはできても、相手のページに「私も関連したことをかいているんだよ」と知らせる手段は、BBSやコメントに書き残すか、相手に依頼してリンクを張ってもらうしかなかったのですが、トラックバック機能によって(相手がそれを拒否していない限り)より安易に自分のページへの足がかりを残せるようになりました。
たまたま私が3月頃から作った映画評のページでもトラックバックは大活躍していて、同じ映画を見られた人のページにトラックバックをさせていただいたりしていますが、評を求めてこられる人もトラックバックによって、一人の評から別の評へ渡り歩くことができて便利に感じているのだろうと感じます。
でも、トラックバックについて、私がひとつ不思議に思うことがあるんです。それは、トラックバックをされたとき「TBありがとうございます」という挨拶をする慣例みたいなものについてです。
読んでくれた人がコメントを残してくれた場合、「コメントをいただきありがとうございます」という返事をするのは正しい反応だと思います。でも、トラックバック残した場合はどうなんでしょう。良く考えて見ると、トラックバックというのは先にも書きましたように、自分がこれはと思った記事ページに一方的に自分の足跡を残す行為であり、自分のページの宣伝をしているだけなんですよね。まぁ持ちつ持たれつだといえばそういう部分もあるのですけれど、そう考えて見るとトラックバックされたページの持ち主が「TBありがとうございます」と書くよりは、トラックバックした人が「TBさせてもらいました」とお礼を書く方が正しいんじゃないかなぁと思えるんですよ。

いや、私は小心者ですからそうは思っていても、自分のページではトラックバックして更にコメントを残してくれた人には「TBとコメントありがとうございます」とお礼を書いていますよ。上記のような疑問を持っているなんておくびにも出しませんとも。でも、日に日に疑問は高まるばかりなんです。日本人だからTBをするほうもされる方も「ありがとう」といっていたら気持ち良いじゃんって言うのもありだと思いますけれど、やはり一応ははっきりしたいじゃないですか。そうは思いませんか?
posted by lunatic at 02:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

和製…

テレビで「シナリオライター★松本マリコの課題」という映画を紹介していました。

その紹介の仕方が「『和製』ブリジット・ジョーンズの日記」だそうで…

「和製」って言葉は、こと映画の世界では「猿まね」って言葉と同義語だと思います。
まともな脚本ができないから話題になりそうな映画の猿まねをする…悪循環だよぉ。
本当、日本の映画界って大丈夫? 私の中では絶滅危惧種に指定されているんですけどぉ…
posted by lunatic at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

今日の誤変換

煮た孫

続きを読む
posted by lunatic at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

プレイボーイが…

米プレイボーイ・エンタープライゼスはソニーのPSP(プレイステーション・ポータブル)向け画像コンテンツを提供すると発表しました。
ヌードはない無料コンテンツと、会員登録をしてヌード画像まで楽しめる特別コンテンツの2本立てなのだそうです。

ここから先は「性表現」について書いています。そんなにひどい事は書いていないつもりですが、敏感な人は見ないことをお勧めします。





続きを読む
posted by lunatic at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

今日のバカ変換

列島縦断鉄道の率串の旅

続きを読む
posted by lunatic at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

バチカン

新法王誕生と言うことで、各局が報道していますけれど、TBSの三雲孝江の言った「只今、ローマのバチカンと繋がっております」って…確かにローマに内包されているし、たった0.44平方キロでも独立国として承認されて居るんでしょ。ちょっと表現おかしくないですか。

でも、難しいかも。報道する人はローマに居るんだけど、バチカンの取材をしている…「ローマでバチカンを取材している○△と繋がっています」って言うのが正解?
posted by lunatic at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

取扱説明書の不思議

マニュアル

多国語に対応したマニュアル…ヘッダ部分に「日本語」だの「DEUTSCH」だの「ITALIANO」だのと明記されていますが…ヘッダなんて見なくても(少なくとも)日本語はすぐに分かりますね。スペイン語とポルトガル語とか、フィンランド語とデンマーク語とスウェーデン語なんかだと似ていてヘッダがないと間違えるのかもしれませんが、読めなければすぐに判る様に思います。

「ほぉ、これがイタリア語かぁ」とか「ほぉ、これがフランス語かぁ」って感心するためだけにヘッダがある様に思えてなりません。ま、無責任な話ですけれどね…
posted by lunatic at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

女性専用車両を考える

Kaoru's Diaryの4月7日「お持ち帰り下さい」を拝見しました。
リンクしようとしたんですが、どうもフレームが複雑でどこにリンクして良いのやら判らないので諦めました。

兎に角、そちらの記事では女性専用車両についての意見が書かれております。
私も基本的には、列車の中にはどうしようもない痴漢行為をする阿呆な男がいるし、逆にどんな不可抗力をも痴漢行為と勘違いする女もいる事ですし、本当に被害にあって困っている女性や自意識過剰な女性はどうか女性専用車両に避難して欲しいものだと言う点では女性専用車両の導入に賛成します。
けれど、やはりこれは男女差別だよなぁと思いますね。かおるさんは
「何でこんなことにそんなに必死になるのなかあー?女性が同じ車両に乗っていないとそんなに困る理由があなたにはあるの?」
と書かれていますけれど、先の「賛成の気持ちはある」のにも関わらず、例えば通勤ラッシュのぎゅーぎゅー詰めの車両が連なっている中で、一両だけ「女性専用車両」って言う奴がガラガラで走っているのを見ると、得も言われぬ公平感を感じるのも事実です。

私は幸いな事に痴漢にあった事はありますが(←これが「幸いな事」ではない。こっち→)、痴漢に間違われた事はありません。混雑した車両では意識して手を上にあげますし、できない場合は女性の方を向かない様にしますし、それもかなわない場合は早めに声を掛けて不可抗力である事を知らせます。そのように予防しています。また、それでもできるだけ痴漢と思われたくはないので、会社に通勤していた時は9時始業でも8時には会社に着く様にして、混雑する車両に乗らない様にしていました。女性専用車両を作れと言う女性は、そう言う努力をしたんでしょうか? 多分違いますよね。だって8時から9時の通勤ラッシュと言われる時間帯の列車はそれこそ痴漢の巣窟だけれど、7時半前後の列車なんてどれもがらがらで痴漢の活躍出来る所なんてありませんもん。ほんの少し努力すればその時間帯の列車で快適に通勤出来るのに、わざわざ痴漢のいるぎゅーぎゅーに詰まった列車に乗り込む訳でしょ。私に言わせれば何の努力もしていないと思いますよ。いや、始業時間が9時なんだからそれに合わせていく権利は女性にもあるでしょう。確かにそう。でも、それで嫌な思いをするなら自分も努力したらいいのにって思うのも事実。
そう思う痴漢をしない男性の目には、自分(女性)は何の努力もしないで「被害者だから対策をするべきだ」と全部人に任せでいると映って、いつも努力を強いられる男が怒っていると言う一面もあるんじゃないのかなぁ。「また女性のわがままか」と思われるんじゃないのかなぁとも思える訳です。

女性を見下した様な文章に見えるとしたら、そんなつもりは毛頭ありません。誤解しないでくださいね。女性専用車両はあった方が宜しかろうと思っていますし、女性を見下しているつもりもありません。単に本当に被害を受けている女性も多いけど、本当は触るつもりなんか無いのにこんな満員電車の中でどうしろって言うんだよ!と言いたくなる状況で騒ぐ女性もいると言う事なんです。
ですから、女性専用車両は、本当に被害を受けている女性と、多くの男性にとってあるべきだと心の底から思いますよ。本当に痴漢にあって嫌な思いをしている女性は当然女性専用の痴漢の心配のない車両で安心したいだろうし、男性の側も、現状では痴漢もしていないのに自意識過剰の女性が痴漢だと騒げばほぼ間違いなく痴漢にされてしまうんですから。痴漢にされるおそれのない、安心出来る車両が欲しいって思う訳ですよ。
そこで私は提案します。
女性専用車両を認めるのと同時に「男性専用車両」も作ってはどうでしょうか。
痴漢に絶対に間違われたくない男性はこの車両に乗るでしょうし、それこそ公平ってものじゃないでしょうかねぇ。
posted by lunatic at 19:55| Comment(4) | TrackBack(7) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

精神的苦痛を強いられる支払い

言戯」3月23日「駄菓子の後悔。」を拝見しました。

駄菓子屋の事を書かれているので、駄菓子の事を答えるのが筋なんでしょうけれど、私は
大人になってから10円単位の買い物をするというのは、想像を絶するほどの精神的苦痛を強いられるものだったのだ。
に反応してしまいました。

そう10年ほど前に、友人の家族から初代ゴルフを譲っていただいたんです。引き取りに行って帰ってきたのに、ガソリンがちっとも減っていない事に気付きました。もう200km以上走っているのに燃料計は満タンを示しています。そんな事あり得ないでしょう。

で、燃料系は満タンなんだけど、取り敢えずガソリンを入れてみようとスタンドによって「満タンね」って言った訳ですよ。そしたらそれほど時間が掛からないで、店員さんの元気な声が「ガソリン!1リッター入りましたぁ〜!!!」って声が聞こえて給油が終っちゃったんですよ。

「へ?本当にガソリン満タンなの? 200kmも走ったのに?」納得出来ないまま「ガソリン1リッターで○△円になります」って言われてお金を払った時のあの恥ずかしさ。「俺らに窓拭きまでさせておいて、1リッターかよ」と言う攻めの目と「1リッターで来るなんてよ」というさげすみの目が私をチクチク刺すんです。

不安になってあるカー用品屋で携帯式ガソリンタンクを買って、さぁガソリンを詰めに行こうと車に乗り込んでエンジンを掛けたらその場でガソリン切れでエンストしちゃいました。幸いな事に隣がガソリンスタンドだったので事なきを得たのですが、修理に出したらガソリンタンクの入り口付近のセンサースイッチが壊れてしまったと言う事らしいのです。原因は分かってめでたしめでたしですが、それでその時の恥ずかしさが無くなる訳ではありませんし、もちろん、ディーラーの営業マンや部長、社長が私の代わりにそのガソリンスタンドに行って「うちの不注意でこのような不祥事を引き起こし誠に申し訳ございませんでした」と謝ってくれる訳でもありません。

リッター100kmなんてカタログデータをもつカブで来て1リットル給油なら納得しますけどね、自動車で来て1リッター給油ってめっちゃ恥ずかしいですよ。どうぞ興味のある人はフルサービスのガソリンスタンドで「1リッターね」って挑戦してみてくださいよ。いや、そうやって挑戦したところで、それは自分で意識してやるんですから、私のように意識していないで結果そうなってしまった時の精神的な苦痛とは比べようもないはずです…

恥ずかしさを競うのも無意味ですが、多分これって関脇クラスにはなれる恥ずかしさだと思うなぁ…
posted by lunatic at 02:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

今日のバカ変換

相手辛きためー留煮は

続きを読む
posted by lunatic at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

やせ我慢

言虚の3月20日「やせ我慢の胸元。」を拝見して思い出したこと…

全く逆の状況ですが、遙か昔、夏の暑い盛りに友達が勤める映画館の手伝いにかり出された時、上映されていたのは「超時空要塞マクロス(でしたっけ)」。
そこにいた、小太り、無精ひげの兄ちゃんが革ジャン、錨のついた手袋などを着込んでリン・ミンメイのグッズを買い込んでミンメイの映像に見惚れていた人…あの恰好は何だったの? ま、それをずっと観察していた私も変ですかね。

また、どこかのロックグループのファン?って感じで真夏なのにロングの革コートを着込んで意識が朦朧としたような虚ろな目をしている人が固まっている現場に居合わせた時は怖かったなぁ。
季節に合わせた恰好しようよ←「2月の事故」で、雪降る長岡でやはり綿シャツ袖まくりで外に立っていた様な勘違い野郎に言われたくないでしょうけどね…
posted by lunatic at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

今日のバカ変換

それ以来しばらく時点遮熱は冷めていたのですが

続きを読む
posted by lunatic at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

女性は不思議…

キリンビバレッジの「上海冷茶」のCM…それだけを見ると、大地真央はとてもはまり役で、すっごく魅力的に見える。見惚れちゃう。翻って加藤ローサの方は「なんじゃこりゃ…」って感じ。
でも、CMを離れるとその評価は逆転しちゃって、大地真央には「なんじゃこのおばさん(失礼…)」加藤ローサには「かわいいなぁ」となっちゃう。

多分に大地真央には熟年女性の魅力と「…」が、加藤ローサには若さゆえのかわいさと子供っぽさがあるって事なんでしょうね。女性は魔物です。はい、改めてそう思いました。
posted by lunatic at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の誤変換

確定清国兵って参りました

続きを読む
posted by lunatic at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

9代目襲名に…??

林家こぶ平の9代目正蔵襲名イベントに14万5千人が詰めかけた

それって、上野や浅草にたまたま観光に来ていて、居合わせた人の数じゃないですか?

こぶ平って落語家として人気あるんですか?
親は人気があったと思いますけれど、この人はどうなんでしょう。私には偏見があるかもしれませんが、お世辞にもうまい落語ではなかったように思います。
posted by lunatic at 06:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

今日の聞き間違い

「ランジェリー祭りを楽しみにしていた」…

続きを読む
posted by lunatic at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

今日のバカ変換

「きゃー」土佐犬でしまいます続きを読む
posted by lunatic at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

グォン・サンウって…

韓国ドラマには興味ないですが、テレビであれこれ報じるので目にはいるのです。で、第一印象で無責任に言わせて貰うと、グォン・サンウって若かりし頃の三浦友和に似ているのかな。
失礼ながら三浦友和も私はまともに演技を見たことはないのですが、その見ていない中でちらりと目に入ってきた雰囲気とよく似ている感じです。ファンの人の意見はどうなんでしょうね。
posted by lunatic at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。